MENU

意外と難しい!?看護師の転職理由

看護師の転職理由は一般企業で働いていた人に比べると少々難しいかもしれません。大病院などでは抱える看護師の数も多く、元いた病院の情報を知っている人がいる場合もありますし、待遇面などの不安という転職理由も使いづらいでしょう。今回は看護師の転職理由についてみてみましょう。

 

 

1.看護師の転職理由が難しい理由

 

 

普通の一般企業の場合は資格を取るためなど自己のステップアップを理由としたり、もしくは待遇面や会社の将来性の不安などを理由にする事も可能かもしれません。しかし看護師の場合はある程度待遇面で整っている事も多く、資格を取って別の職種へステップアップといった理由が使いづらいという事もあります。辞めた理由自体もほとんどが人間関係や仕事の環境への不満である事が多々あり、結婚を機に退職したような場合ならば転職理由に悩む事も無いので良いですが、そういった場合を除いては例え転職理由が職場の環境によるものだったとしてもポジティブに言い換えて自分をアピールしていく必要があります。

 

 

2.広いようで狭い世界

 

 

小さい個人病院の場合は別ですが、地元で知らない人はいないような大病院では看護師を多く雇用しています。その他にも介護施設などでも看護師を採用していますが、こういった大きな施設では看護師の出入りも激しく、ひそかに横のつながりもある場合があります。看護師同士あそこの病院はこうだった・ああだったと情報が飛び交っている事もありますし、退職理由を盛るにしてもあまり派手に嘘をつかない方が良いでしょう。むしろ退職した理由については前向きに言い直すくらいに留めておいた方が無難かもしれません。

 

 

3.看護師の転職理由

 

 

看護師さんが転職理由を面接の時に話す際に、結局受け取られ方は面接する人次第ではありますが、出来る限り前向きかつ面接する人が納得する理由を述べておくのが望ましいでしょう。前職の退職理由が人間関係だったとしても、自分はもっとチームワークを大切にして皆で協力して仕事をしたいなど、ポジティブな言い回しで乗り切るのが良いですし、志望動機を聞かれた時も、病院の経営思想や病院に貢献したいなど、自分が聞いても絶対そんな事思っていないだろうと思えるような事を言わない事です。その病院で働く事で看護師としてのスキルを更に高めたい・長期的に安心して働ける病院を探したい・別の科の仕事に興味があって更なる経験を積みたいなど、聞こえが良さそうな理由を探した後にある程度の長さの言い回しに変え、聞こえが良い文章にしておくと良いでしょう。

 

 

少々苦しくてもポジティブに

 

 

看護師が転職を考えるのは結婚を機にした引っ越しなどが理由になる事もありますが、大抵は人間関係や夜勤がきついなどの職場の不満が多いという統計もあります。そういったどちらかというとネガティブ系の転職理由だったとしても、言い回しをうまく変えて前向きな転職理由に言い換える事で、あなたの印象の良さをアピールする事につながるかもしれません。

 

面接官にうまくアピールしたい!でも緊張する…そんなU29女子にプレゼン技術を伝授!