MENU

看護師の人事選考で重要視される過去の経験

現在の日本の多くの会社では、経験は重視される傾向があります。過去にどのような仕事を行ってきたかによって、内定率も変わる事が多いのですね。そして看護業界でも、それはほぼ同様な状況です。自分の経験に何か強みがあるなら、それを面接でアピールするのは極めて重要と言えます。

 

 

1.職務経験が重視される

 

 

そもそも転職活動では、たいていの所では職務経歴書を提示する事になるでしょう。それに記載をする内容は、今まで経験した職務です。どのような仕事を行ってきて、過去にどのような実績を残したのか等を、その書面に記載する事になる訳です。そして面接官の方々は、やはりその経験の内容は重視する事になります。たとえ学歴などがあまり高めでなくても、職務経験によって十分にカバーできる事も珍しくありません。転職活動では、それくらい経験が重視される訳ですね。

 

 

2.学校での経験も重要

 

 

またそれは過去に経験した仕事のことだけでなく、学校なども同様に重要なポイントになる事があります。人によっては学校に通っていた時に、何か貴重な経験をしている事もあるでしょう。他の方々ではめったに見られない経験をしている方も、たまに見られるのですね。そして、それも実は看護業界でのアピール材料の1つになります。学校で何か実績を残したのであれば、それも自己PRの材料の1つになり得るわけです。その意味でも、「経験」は非常に重要な要素と言えるでしょう。

 

 

3.経験が応募先でどう生きるか

 

 

このように人々は、それぞれ何らかの経験をしている訳です。そして肝心なのは、応募する病院においてそれがどう生きてくるかになります。例えば過去の病院で何らかの職務経験があるとします。問題は、それが応募している病院で生かせるか否かですね。「過去に学んだ事を生かして働きたいと思いました」という志望動機は、よくあります。ただその経験を「どうやって」生かせるかという問題もあるでしょう。面接の担当の方に対して、その具体的なイメージを説明する事も大切なのですね。漠然とした言い方ではなく、できるだけ具体的にイメージさせる方が、転職での内定率もアップする傾向があります。

 

 

4.人材紹介会社に相談をする手段も

 

 

ただ経験を生かして看護職で活躍したいとのイメージを伝えたいと思っても、なかなかその言い回しが難しい事もあるでしょう。面談での言い回しは非常に重要ですが、なかなか自分1人では表現に苦しんでしまうケースも珍しくありません。その場合は、人材紹介会社に遠慮なく相談すると良いでしょう。表現方法などに関するアドバイスも、具体的に提示をしてくれるからです。的確なアドバイスを受ける為にも、紹介会社に対して自分の経験を正確に伝えておく事も重要ですね。

 

 

過去の経験をまとめる

 

 

以上から、

 

  • ・転職での面接では経験は重要視される
  • ・業務経験だけでなく学生時の体験も大切
  • ・応募先の病院でどう生かせるかをアピール
  • ・紹介会社に相談をしてみる方法もある

 

このような事が言えます。いずれにせよ転職活動で経験が重視される事は確実ですね。それをアピール材料にする訳ですから、過去にどのような経験をしたかを、自分なりにまとめておく事も大切でしょう。

 

おすすめ転職記事:マイナビ看護師の評判から口コミまで徹底解説します! - 転職×plus